スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年07月09日

こういう勉強は好きですw

どうも、珍しく朝から更新のアンダーソンです。

もっともこれはセットされているので、実際には前日の夜に更新してますw






さて、最近サバゲーがメインで行動しているので、ちょっと戦場のおしゃれさんを目指そうと思い『特殊部隊 スタイリングテキスト(アメリカ軍編)』を購入↓



結構ゴテゴテと付けてるのかなぁ…と思ったら、意外とシンプルながらばっちりと決まっていました♪

今後のためにもう少し研究してみよう^^

ちなみに個人的にはSASなんかのも出して欲しいですwww  


Posted by アンダーソン(  at 07:00Comments(0)

2013年03月05日

MJマガジン到着!&新IBF

どうも、本日で代休が終わりのアンダーソンです。

しかし結局やることをやっていたらこんな時間に…orz





さて、時間が経ってしまいましたが我が家にMJマガジンが到着しました!



到着したその数は約90冊!!



これは今回の記事『サバイバルゲーム紹介』の部分で、年末に行った『年末サバゲー(http://nitasc.militaryblog.jp/e392141.html)』の様子を紹介して頂き、その参加者の皆さまへとマックジャパン様より送って頂きました♪



そこでこの日はIBFUrbanusがサバゲーをしているという事で、MJマガジンを渡しながら新しくなったIBFを見ながら早速訪問。

到着すると、この日はオーナーもゲームに参加していました(^^)



「ゲームに参加しろ!」と言われましたが、流石に仕事で左足を負傷していたのでこの日は自重しましたw


その代わり新しく出来たやぐらからゲームを見学↓



これはゲームを見やすくて凄くいいです♪

ゲーム中のUrbanus隊員↓




IBFは見学者も楽しめる感じになりましたよ~(^^)  


Posted by アンダーソン(  at 17:53Comments(2)

2012年10月10日

まさか新作が出るとはっ!?

どうも、明日から慌ただしい仕事になるアンダーソンです。

タスケテーface07





さて、昨日は久しぶりに本屋にて新刊を購入しました!

『六機の特殊Ⅱ 蒼白の仮面 (黒崎視音 著  徳間文庫)です!!



前作『六機の特殊』の続編になっております(^^)



内容は…

社会に対して不満を持つ人間達を犯罪に駆り立てる闇サイトの住人<蒼白の仮面>

立て篭もりや銃乱射事件を先導する<蒼白の仮面>に対し、警察の最精鋭部隊『SAT』を投入する!

犯人の「無力化」ではなく「制圧」すべく、第四小隊が現場に臨場する!!



という内容。

普通の特殊部隊ものと違い、射殺してはいけないという部分をきちんと捉えた内容で、なおかつストーリーも面白く、購入から1日で読み終わってしまいましたw

気になった方は、ご覧になって見て下さいicon12  


Posted by アンダーソン(  at 20:51Comments(0)

2012年02月29日

今回は忘れん!

どうも、今日は仕事がまったりなアンダーソンです。

たまには良いじゃないですがface05




という訳で、月曜日に購入しましたアームズマガジン



今回は初心者に優しい『バイヤーズ・ガイド』なる冊子も付いてきましたface01


いつも雑誌買ったのあげるの忘れるんで、そうならないようにサバゲーネタの間に挟み込みましたw  


Posted by アンダーソン(  at 08:00Comments(0)

2012年02月14日

お勧めな作家さん

どうも、最近帰宅時間が遅くなってるアンダーソンです。

楽しいから良いんですけどね♪




さて、今回は本の紹介。ROE -交戦規定‐  黒崎視音 著(徳間文庫)』です↓




ストーリーはこんな感じ↓

新潟市内に三十数名の北朝鮮精鋭特殊部隊が潜入!拉致情報機関員の奪還を端緒として“戦争”が偶発したのだ。初めての実戦を経験する陸上自衛隊の激闘―。防衛庁対遊撃検討専任班の桂川は対策に追われるが、彼の狙いは他にもあった。それは…。


ただストーリーを聞いただけだとありきたりな感じがしますが、中身はかなりの面白さ!

軍事サスペンスでかなりのどんでん返しがあり、かつ展開も早く、読む人を飽きさせませんicon12


部隊も警察からSAT、陸自からは普通科特殊作戦群、さらには戦車と内容が盛りだくさん!

中身を書いちゃうと面白さがダダ下がりしちゃうんで、気になる人はぜひご覧になって下さい!!  


Posted by アンダーソン(  at 21:20Comments(2)

2012年01月04日

SATなお話

どうも、埼玉に戻って来たアンダーソンです。

本日は食い物の買い出しに行かないと、何も無い…orz




という訳で本日は、久しぶりに本のお話。

今回紹介するのは6機の特殊 黒崎視音著(徳間文庫)』です↓



こちらは題名の通り警視庁の特殊強襲部隊SATを中心としたお話。

主人公は新設された第4小隊の隊長、土岐警視

仏教に興味を持っていて、いわゆる隊長の威厳があまり見えない男w


しかしそこは鍛え上がられた特殊部隊員、決める時には決めます(現実的にw)

さらにただのヒーローものでは無く、隊長としての立場組織の中での立ち位置などで悩まされるなど、現実世界と同じ悩みを描写されていて、さぁどうする!と物語を面白くするスパイスとなっています。

話も1巻まるまる連続ではなく、主人公を中心としたオムニバス形式で書かれていて、読みやすい作品です。

また、途中で現実離れな話がいきなり入ってきて、ちょっと張った肩の力を抜かせてくれるなど非常に読みやすい作品に仕上がっていますicon12

お陰で私もサクサク読めましたface02



肝心の銃器ですが、SATのプライマリーはMP5A4(RAS)で、サイドアームは人によりけりという設定。

主人公はH&K P7を使用し、弱点と改良点をGSG-9の司令官に学ぶという描写は、銃好きにはたまらない話face05



かなり面白い話なので、もし宜しければお試し下さいface02  


Posted by アンダーソン(  at 11:18Comments(0)

2011年11月14日

知らなかった…

どうも、これからタクトレに向かうアンダーソンです。

体はいたって健康ですw



さて、先週友人から聞いたのですが…

発売してたんですね、『Cat Shit One JP』



何も気づかなかった…orz


今回の語尾の『JP』はパッキーの息子、ジョサナサン・パーキンスが主人公の物語ですface01

今回の戦場は湾岸戦争開始後のイラク。

物語の流れを見ると、スカッド狩りに出た部隊のようでした。


詳しい内容は、購入してご覧下さいface03  


Posted by アンダーソン(  at 08:54Comments(0)

2011年11月03日

ちょっと遅れた

どうも、本日はアベシ准尉と会合をしていたアンダーソンです。

気づけば7時間も談笑してしまいましたw



さて、昨日のゲームの帰りに、遅れながら『タクティカルギアカタログ』を購入↓



中身に友人達が載っていて、思わずにやりとしてしまいましたw  


Posted by アンダーソン(  at 23:50Comments(0)

2011年10月31日

う~ん…

どうも、実家の愛犬がまた太ったという情報に嘆き中のアンダーソンです。

馬鹿みたいに餌をやるから…(ノД`)



珍しく今日は本ネタです。

今回紹介するのは『不屈の弾道』です↓




内容は拉致された米海兵隊准将を救出すべく、海兵隊スナイパーのカイル・スワンソンを含む救出部隊が向かうが、そこには陰謀が…
というお話。

話の流れはかなり楽しく、どうなる!どうなる!って思いながら読めますが、終わりがサラッとしていて、その上オチはありがちな形になっていて、う~ん…となってしまいました。

暇で、過程を楽しみたい人にはいいかも知れません(*´▽`*)  


Posted by アンダーソン(  at 12:15Comments(0)

2011年09月29日

最強は誰だ!?

どうも、更新スピードが上がっているアンダーソンです。

ランキング分の仕事はしなきゃね!!www



最近はヒロインアクションが多いですが、『どの女性が強いのか?』なんて事を考える方もいらっしゃるはず。

私があえて思うのは…


間違いなく『サイレントコア 司馬光 三佐』です!!


と言う訳で今回紹介の作品はこちら、『戦艦ミズーリを奪取せよ(大石英二著)』です↓



大石英二著書のサイレントコアシリーズで、今回は奪取された戦艦ミズーリを、運悪く巻き込まれたサイレントコアが頑張っちゃうお話。

戦艦の中で、ジャングルで、果てはイラクのサマワでサイレントコアが活躍します。


サイレントコアは主兵装がG36Cを使用。

イラクでは、土門三佐がアーウェン37まで使用してました。


ちなみに話に出た司馬三佐、今回は戦艦内部に閉じ込められる(潜伏)していたのですが、その際の発言が…

司馬「私のショッピングを邪魔した報いを受けて貰わなければならない。」


闘う女性は恐ろしい…(゚Д゚)  


Posted by アンダーソン(  at 17:51Comments(0)

2011年09月28日

ちょいと遅れた

どうも、洗濯物がわちゃわちゃしてきた、アンダーソンです。

いっ、急いでかたさねば…icon10



って言いつつ、今月号のアームズマガジン&コンバットマガジンを購入w



話には聞いていたが、NIT-ASCがどっちにも載っていた…

べっ、別に羨ましくなんかないぞぅicon10  


Posted by アンダーソン(  at 21:03Comments(4)

2010年12月21日

何故だかハマるシリーズ

どうも、年上のお客様に「アンダーソンさんって、年上だと思っていました!」と言われたアンダーソンです。

…そんなに見た目が、老けてますか?www



たまには本の紹介という事で、こちら↓


『レッドライト・ランナー抹殺任務 クリス・ライアン著 早川書房』です。

私は何気にクリス・ライアンの小説が好きで、高校時代から今に至るまで読み続けている作家の1人です。

意外と話の大まかな骨組は、変わっていないのですが、何故か引き込まれるのがあるんですよね(まぁ、全部が全部、面白いわけではありませんでしたが…)


今回の話は、SASの秘密作戦で、殺す相手のリストの中に自分の兄貴であり、元SASの兄がいた!って感じです←ざっくり書きすぎじゃねぇか?w

そのため、1人の冒険アクション!だけではなくSASのチームプレーも見所の1つ。

流石に作者は、元SASだけあり、その辺の描写はリアルで大変良かったと思います。


もちろん鉄砲も見所の1つ。

今回はC8カービン+M203やサプレッサー、P226、ブローニングHPなどが登場。

…っても、ライアンの作品は毎回こんな感じの兵装だがw

  


Posted by アンダーソン(  at 22:35Comments(2)

2010年11月01日

今更過ぎる…

どうも、もうへなちょこアンダーソンです。

言ってる意味すら分かりませんw



まぁタイトルの如く、今更スティブン・ハンター著『極大射程』を読み終わりました。




はっきり言って『ザ・シューター 極大射程』を見ているので、なお今更な感じはしました。

ただ、内容はどのくらい違うのかなと思い、購入。


大まかなストーリーは変わっていませんが、要所要所の部分で変更がかかっているご様子。

そりゃ全く一緒にはなりませんわなw


ただ、内容としては劇場版より詳しい描写があるので、後から読んでも楽しめるかと思います(^^)



しかし、ボブ・リー・スワガーは何度見ても格良いicon12  


Posted by アンダーソン(  at 00:22Comments(6)

2010年04月23日

入門書

どうも、お酒が大嫌いなアンダーソンですface09

今日も飲み会が大変でした…orz



本日は新境地、本の紹介をします。

第1弾ははい、これ↓

『決定版 世界の特殊部隊 FILE』(Gakken  白石 光 著)


内容は世界の特殊部隊が沢山載っているってヤツです←まんまかいw

ただ、特殊部隊について知りたいなぁ、という特殊部隊初心者の方にはもってこいです。

難しい内容ではなく、簡単な解説なので読んでいても、苦痛にはなりません。

つまり、特殊部隊に詳しい方には、退屈な本でしょうが…face07(笑)


今でもコンビニでちょくちょく見かけるので、興味のある方はコンビニへGO!  


Posted by アンダーソン(  at 22:26Comments(0)

2009年10月27日

ウッドランドがサイコーだ

どうも、会社のイベントがやっと落ち着いたアンダーソンです。


少し間が開きました前回に引き続き、ラグーンに登場した特殊部隊の装備(野戦編)をお届けします。


基本的にライフルはM4、USPと言う部分は変わっていません。
しかし一部AN-PEC2を装備していました。

また前回お見せできなかったレイのライフルのM14↓


そして今回はチームのスナイパー、サンチェス上級曹長はM24(もしくはM40A2)を使用。
やはりボルトアクションライフルは魅力がある(山猫の見すぎ)。



では装備ですがBDUはウッドランド、ベストは多分OD色のTAC-V1ベスト。
ただ正面から見た感じはEagle製のTAC-V3ベストに酷似しています。
しかし、背面はV1と同じで左胸の部分にも3連マグポーチが付いていないのでV1が近いでしょう。
一部初期型のLBVや90年代初期にSEALsが装備していたEagle製のモジュラーヴェスト(正式名称は失念)もあります。
また、見えてはいませんが防弾ベストも着用とのこと(内容から察するにソフトアーマーのみ)


腰周りは基本的に1クォートのキャンティーン×2とブットパックを装備。
また各自でバラバラにマグポーチを装備。
そしてバックパックも各自違いましたが、もっとも多く見られたのはJ-TECH製のコンバットパックがもっとも近い形状をしていました。



またその他として、防弾フェイスマスクや暗視ゴーグル(型は分からず)も登場しています。


と2回に分けてご紹介いたしましたがいかがだったでしょうか?

当方も確実に当たっている保障は無いので、間違いがございましたら都度コメントをお待ちしています。



参考写真
 :サンデーGXコミックス ブラックラグーン 9巻  広江礼威  小学館    


Posted by アンダーソン(  at 19:11Comments(0)

2009年10月22日

ちょいと趣向を変えまして

どうも、今日もくたくたアンダーソンです。


前回まではA.T.E.Tの正式装備について書かせて頂きましたが…

つうか、オメーらの装備とか興味ねぇしicon08

とこちらとしてはガタガタブルブルな事を言われそうだったので時事ネタに走ります。

それは『ブラックラグーン9巻』発売記念!と題しまして、NSAの特殊部隊の装備について書きたいと思います。

日々特殊部隊装備を見漁っている私としては、もちろん見逃せない相手ですよ(笑)
そんで今回は『市街地装備編』でいきます。


ではまずはこちらから↓


イカす漢、キャクストン少佐です。
しかし、いつ見ても渋いお方だ…

まずメインウエポンはM4A1です。
ハンドガードはレールでは無い、丸型ハンドガード。私はレールよりこちら派です。

そしてバレルにアタッチメントを介してライトを装備し、サイトはEo-Tecの551ホロサイト装備のようです。
かっこいいですが自分の経験上、通常のフロントサイトに551はかなり見難い感じがしました。

マガジンは連結させていて、素早いリロードを可能にしています。
しかしながら、私はマガジンを連結させるのはやり難さを感じてなりません…。

サイドアームはM1911A1ですね。
しかもドノーマル…

なんか最新装備にミスマッチなM1916ホルスターなんか装備して…萌える(笑)

装備は一番近い形状ではTAC-V1ベストのようです。
あくまでも憶測ですが、マンガの白黒から察するにカーキ色ではなかろうかと思います。
また少佐は左後ろにハンドライトを装備していました。


また他の隊員は基本M4ですがサイトがトリジコンやコンプM2装備もちらほら。
チョイですがサプ付きも見られましたね。
長年の相棒のシェーンはM14を装備していました(いい写真見つからず)。

少佐以外のサイドアームはUSPのようです(口径は不明)。
ホルスターはカイデックス製でしたがメーカーは判別できませんでした。


装備はベストは基本的に一緒でしたが腰周りや、レッグなどは個人によってバラバラでした。
そこは特殊部隊の『自由度』ってヤツなんでしょうね。


では次回は9巻に出た、ジャングル戦装備について触れていきます。  


Posted by アンダーソン(  at 22:57Comments(0)