2010年04月21日

勿体ない

どうも、1日だけ暇人のアンダーソンです(笑)

懲りずに2度目の更新ですface03



さて、かなり久しぶりの映画に関してです。

本日はぶらぶらとDVD屋を散策していたら、懐かしのDVDを発見!

それはこちら↓


題名は『ドルフ・ラングレン エージェント・レッド』
キャッチコピーは『``人間核弾頭``殺人潜水艦と戦う!』
購入価格は中古で350円!!

ご覧の通り、B級映画です(笑)

ただ私はドルフ・ラングレン好きっ子なので、どれだけ作品がつまらなくても見てしまうのです!!←アホwww

ちなみに作品の内容は…
『東西冷戦中に開発され、その強力さから悪魔の産物と恐れられた細菌兵器``レッド``。そのレッドが潜水艦ニューオーリンズで護送途中、ロシアのテロリスト達に奪われた!米軍のヘンドリックス大尉(ドルフ・ラングレン)と科学者のリンダ(メラニー・パウル)を除く全ての乗員が死んでしまい、異変を察知した合衆国政府は細菌の流出を恐れ、艦を撃沈する事を決定!一方テロリストは魚雷に細菌兵器を装填し世界の大都市に向けて照準を定めていた!ヘンドリクスは死の密室となった潜水艦の中で世界を救うために敢然と立ち向かう!!』


まぁ、皆さん大体どんな感じかご理解頂けたでしょうface06

B級映画にのみ許される技、他の映画シーンの継ぎ接ぎを多用したクオリティ!

私が知る限り、『ストーム・キャッチャー(ドルフ・ラングレン主演)』と『ステルス・フォース(ダニエル・ボールドウィン主演)』を使ってましたねface07

しかも、米軍の戦闘機がミラージュとか…


ちなみに出てきた銃は冒頭の特殊部隊の襲撃シーンで、隊長がM16A2(全体が写らなかったので多分)と良く分からないハンドガンにサプレッサー装備、強襲班の3人がMP5A5・M60・XM177E2とあべこべface07

ラングレンは何故か素手で突入(笑)
さすがですm(_ _)m
ただステルス強奪時はSIG P226のサプレッサー付を使用。

ベストはLBVとTAC-V1べストが混じり真っ黒けでした。

テロリストは何故かウッドランドの米軍装備(理由は『ストーム・キャッチャー』でテロリストが米軍基地からステルスをパクるシーンをそのまま使い、それに合わせたためでしょう。)でAK47、ステルスを奪うシーンではM16A2(まぁここは米軍だし)でした。


本編の潜水艦内部では、双方M92Fのみで撃ち合い…
物足りない感じはしますが、そこはラングレンの切れの良い空手技で、ごめんします(笑)



しかし、何度見てもラングレンが出る作品って、何故かB級が多い…
ラングレン自体は決して悪い俳優じゃないと思うだけに、勿体ない。

スタローンの次回作『エクスペンダブルズ(公式サイト:http://expendablesthemovie.com/)』や『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション(公式サイト:http://unisol-is-back.jp/)』にもラングレンが出るようなので、こちらに期待しますface03





同じカテゴリー(DVD、Blu-ray)の記事画像
もはや撃ち合いw
期待より…
あの激闘を再び
長いな、これw
この日をどんなに待ち望んだ事か…
銃撃戦の美学
同じカテゴリー(DVD、Blu-ray)の記事
 もはや撃ち合いw (2016-11-06 07:32)
 期待より… (2016-10-12 07:22)
 あの激闘を再び (2013-02-06 20:26)
 長いな、これw (2013-02-05 19:43)
 この日をどんなに待ち望んだ事か… (2012-08-04 07:00)
 銃撃戦の美学 (2012-06-07 20:35)

Posted by アンダーソン(  at 18:38 │Comments(0)DVD、Blu-ray

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。