2015年07月03日

そういうことかぁー!!(;゚Д゚)

どうも、駐車場まで行ったらびちゃびちゃになったアンダーソンです。

いくらなんでも雨降りすぎでしょ…






さて、前回のヒューズが飛んだ件(http://nitasc.militaryblog.jp/e674037.html)ですが、再度分解してみてノズルを見てみたら原因が判明!



ノズルをご覧ください。

画像下が最近のモデル(HGモデルなど)についているらしきもので、画像上が私が所持している旧型モデルの物です(でんでんむしも同じ)。

旧型モデルは画像のような窪みがあり、チャンバー内もそれに合うように作られています。

そのため新型のノズルはまっすぐな形状のため、サイズがそもそも違うのでチャンバー内で引っかかってしまい(力が異常に加わり)、ヒューズが飛んだ…という訳のようです。

つまりノズルはそのまま使用せざる終えないということのようです。

あちゃー…でもいい勉強になりました(;^ω^)






同じカテゴリー(MP5)の記事画像
握り心地が抜群!
付け焼刃と言われても…
修理のためのパーツがこんなに…
連れ添って早14年 ~MP5A5の紹介~
我が家の鉄砲 ~MP5Kの今~
こっ、これでは戦えん…訳ではないが
同じカテゴリー(MP5)の記事
 握り心地が抜群! (2016-10-05 07:13)
 付け焼刃と言われても… (2016-09-29 15:34)
 修理のためのパーツがこんなに… (2015-07-01 22:24)
 連れ添って早14年 ~MP5A5の紹介~ (2014-01-09 22:09)
 我が家の鉄砲 ~MP5Kの今~ (2014-01-06 18:02)
 こっ、これでは戦えん…訳ではないが (2013-07-12 20:00)

Posted by アンダーソン(  at 19:37 │Comments(0)MP5

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。