2016年11月06日

もはや撃ち合いw

どうも、今日は職場のイベント2日目のアンダーソンです。
眠いし疲れたし…勘弁してくれー!。゚(゚´Д`゚)゚。






さて、そんな忙しかった準備期間中に息抜きにauビデオパスにて『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』を観ました!



気が付いたら続々と登場する山猫シリーズ。

4作目からは主人公がトム・ベレンジャー扮するトーマス・ベケット上級曹長から息子のブランドン・ベケットに移行し、5作目で親子で任務に当たりました。

今作はトーマス・ベケットは不参加で、世界をふらついているらしい。
替わりに任務をするのは1作、4作と登場したビリー・ゼイン扮するミラー少佐が登場。

今作でもブランドンを叱咤激励していきます。


今作はタイトル通り任務中に、敵部隊によるカウンタースナイプにあい、『なぜ自分達の位置が正確に分かるのか』という事から、内通者の存在を疑います…

またスナイパーの心理描写にも力を入れていましたが、ただ1作目のような『ワンショット・ワンキル』では無く、とにかくモブキャラをバンバン殺していきます。



あの頃の緊張感は何処へ…(^^;)

でも作品的にはそこまでつまらないものでは無く、普通に見れますので狙撃物が好きな人(リアリティの求めない人)にはオススメの作品です♪






同じカテゴリー(DVD、Blu-ray)の記事画像
期待より…
あの激闘を再び
長いな、これw
この日をどんなに待ち望んだ事か…
銃撃戦の美学
求む!DVD化!!(その2)
同じカテゴリー(DVD、Blu-ray)の記事
 期待より… (2016-10-12 07:22)
 あの激闘を再び (2013-02-06 20:26)
 長いな、これw (2013-02-05 19:43)
 この日をどんなに待ち望んだ事か… (2012-08-04 07:00)
 銃撃戦の美学 (2012-06-07 20:35)
 求む!DVD化!!(その2) (2012-03-16 12:00)

Posted by アンダーソン(  at 07:32 │Comments(0)DVD、Blu-ray

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。